スペーシア

スペーシア

断熱を考えると、真空にたどり着く

スペーシア

限りあるエネルギーを、いかに効率よく使っていくか。その答えのひとつが、窓ガラスの断熱です。

家庭の電気代の約4分の1を占める冷暖房費。この稼働時間を減らすことは、とても大きな省エネに貢献します。だからこそ、窓ガラスの断熱が大切なのです。

スペーシアは、世界で初めて日本板硝子株式会社が商業生産した真空ガラス。
ガラスとガラスの間に真空層をつくることで、一枚ガラスの約4倍、一般的な複層ガラスの約2倍の断熱性能を実現しました。

人と地球が快適に暮らすために、窓ガラスができること。
その答えが、真空ガラススペーシアなのです

 

今のサッシがそのまま使えます

スペーシア

いままでの複層ガラスは、専用のサッシやアタッチメントが必要でした。 しかし、スペーシアは、いまお使いのサッシにそのまま取り替えることができます。

しかも内窓プラストに取り付けることも可能で、さらなる高断熱・防音効果を生み出します。

エネルギーを節約します

スペーシアは一枚ガラスと比べて約40%、一般的な複層ガラス と比べても約20%のエネルギーを削減することができます。

 

快適な室温を逃がしません

スペーシアは日差しを取り入れて、室内の暖かさを快適にたもつ高断熱窓ガラス。冬にその力を発揮します。
またガラスの表面温度が下がりにくいので結露を防ぐ効果にも優れています。

スペーシア

日本板硝子株式会社

詳しくはメーカサイトをご参照ください
スペーシア