内窓プラスト

省エネのポイントは内窓にあります。

内窓プラスト

快適な住環境を維持しながら、CO2排出を抑え、エネルギーのムダ使いを減らすには、熱の大きな出入り口である窓を二重にして断熱化することが効果的

だから「内窓プラスト」です。

窓の断熱化で、省エネしながら夏を快適に。

今では、企業だけでなく個人でも節電や省エネを心がける必要が増えてきました。内窓プラストの省エネ効果に対する評価は高く、環境省本庁舎で採用されるなど。数多い施工実績を上げています。

気密性を高めるから快適な生活とエコが両立できます。

内窓とは、今ある窓の額縁(枠)を利用し、その内側に取り付けて二重窓にするものです。
樹脂を素材に採用することで、熱の伝導を絶つことが可能となり、また樹脂を成形することで、隙間をなくし気密性を高めることも可能です。

樹脂内窓による効果としては、断熱性の向上とそれによる省エネ効果だけには止まりません。二重の窓構造と高い気密性がもたらす遮音・防音効果が上げられます。また、熱伝導率の低さがもたらすもう一つのメリットは結露の防止。窓周辺の腐食を防ぎ、お手入れを簡単にします。

まさに一石二鳥にも三鳥にもなる窓なのです。

 

内窓プラストの特徴

上質な樹脂を使った内窓

内窓プラストは、各パーツにとって最も適切な硬度を経験豊富なエンジニアが厳選した上質な樹脂だけを使ってつくられた樹脂製の内窓です。

防音効果に優れた内窓

内窓プラストは、アルミサッシとの組み合わせにより優れた防音効果を発揮します。屋外の騒音を室内へ持ち込ませない快適な暮らしが実現します。

断熱による快適な室温

内窓プラストは、アルミサッシと比べ熱伝導効率が低く断熱効果に優れています。冬も夏も、空調が行き届く快適な室内環境が実現します。

結露を抑える内窓

熱伝導率の低い樹脂素材の内窓プラストを設置することで冬や梅雨の季節に窓に発生する結露を抑えることができます。

省エネに貢献する内窓

室内の冷暖房効率を上げる内窓プラストを設置することでエネルギーの消費を抑えスマートで快適な省エネが可能になります。

快適なエコ活動

内窓プラストを設置することで建物全体のエネルギー消費が軽減。室内はより快適になり無理のないスマートなエコ活動が可能になります。

簡単・高機能な二重窓

樹脂サッシの内窓はアルミサッシを二重にするより簡単・短時間で設置出来る二重窓システムです。二重サッシに比べて断熱効果が飛躍的に高まります。

エコ建材のトップリーダー

国内初の内窓「プラストサッシ」の開発・販売を大信工業がはじめ、住宅エコポイントを機に内窓は全国に普及しました。エコ内窓は次世代を担うエコ建材です。

 

上質な内窓の理由

こだわりの二重枠

こだわりの二重枠

それは、建物のゆがみにも柔軟に対応し、均一な気密性を保つ内窓プラスト独自のこだわり。

機密材を贅沢に使った内窓

機密材を贅沢に使った内窓

研究に研究を重ね、細部まで配置された機密材が優れた防音・断熱効果を発揮する。内窓専門メーカーが拘り抜いた内窓メカニズム。

驚きの強度

驚きの強度

長い歳月を耐え抜くしなやかな強度。独自のブレンド技術で作られた樹脂部材は人がのってもおれることはない。

色褪せない魅力

色褪せない魅力

一般的な樹脂(写真下)は紫外線の影響で変色する。そこで独自ブレンド技術で紫外線に追良い樹脂を開発(写真上)。色あせにくい内窓なら長く愛せる。(写真右は約10年後)

鍵のない美しい佇まい

鍵のない美しい佇まい

内窓プラストは、鍵がなくても十分気密性が機能する。鍵が付いていないから、美観にも優れている。

歪んだ窓枠にもしっかりフィット

歪んだ窓枠にもしっかりフィット

歳月が経って歪んだ建物でも、内窓プラストは取り付ける前に窓枠を採寸し、それに合わせて部材をカットする。だからしっかりフィット。

北国ではスタンダード

北国ではスタンダード

寒冷な土地、北海道ではすでにスタンダード。それは内窓プラストの断熱効果が高い評価を得ている証。

実はイタリア生まれ

実はイタリア生まれ

内窓プラストのルーツは繊細で独特のセンスが持ち味のイタリアの窓技術にある。(約40年前、伊カラー・プラスト社と技術提携を結ぶ)