断熱効果

断熱対策はまず「窓」から…

「窓」は光や風を家にとり込む、住まいにとって重要な役割を担っています。
しかし、それに伴い、熱の出入り口にもなっているため、冬の寒さ対策や夏の暑さ対策には「窓」の断熱がカギとなっているのです。

内窓プラストの断熱効果

「熱の出入り」のもうひとつのルートは、いわゆるすきま風です。
窓は「開け閉めする」ことが目的の構造であるために、宿命的に「すきま」を設定せざるをえず、気密性を高めることに限界がありました。窓を閉めたときの密閉状態を追求すると、その窓はとても開けにくい窓になってしまうのです。

「内窓プラスト」は独自発想による独創的な構造と、それを可能とするすぐれた加工技術と素材の採用により、気密性を飛躍的に高め、同時に軽くスムーズな開閉を両立させています。その気密性はアルミサッシ+木製ガラス戸の3倍(北海道大学建築工学科調べ)。

これら、優れた独自構造の数々は、断熱効果を高める究極の気密性を追求してきた弊社のこだわりの結晶です。

この気密性の高さと熱伝導の抑制効果を併せることで熱効率を向上させ、冷暖房効率を高めることができます。

開口部と熱量の入出の関係

住まいの中で、熱の出入りが多い「窓」に内窓(二重窓)を取付けるだけで断熱効果が大幅に上がります。

冬は、外からの冷気を抑え、部屋で暖めた空気を外に逃がしにくく…。

夏は、外からの熱気を抑え、部屋で冷ました空気を外に逃がしにくく…。

窓を二重にするだけで、居心地の良い部屋になるだけでなく、暖冷房費の節約や、節電につながります。

 

高断熱は内窓プラスト

プラストサッシを取付け二重サッシにすれば、コールドドラフト(冷輻射)もなくなります。

窓の断熱性が良くなれば、外気によって室内側の空気が冷やされにくくなり、ヒヤッとする不快感が大幅に解消されます。