内窓プラストとは?

洗練された空間へ、内窓プラストで上質な暮らしを手に入れる。

窓の断熱化で省エネしながら夏冬を快適に

部品の多さが高気密の秘密です

省エネのポイントは「内窓」です

内窓プラストとは、アルミサッシの内側にある額縁(木枠)に取り付ける、 もう一つの窓(二重窓、二重サッシ)の事です。

二重窓にすると、防音・断熱・結露防止・節電省エネ効果の高い開口部になります。

快適な住環境を維持しながら、CO2排出を抑え、エネルギーのムダ使いを減らすには、熱の大きな出入り口である「窓」を二重にして断熱化することが効果的。

部品の多さが高気密の秘密ですだから「内窓プラスト」なのです。

高機密だから省エネ・節電

窓を二重にする効果 とは?

  • とにかく高気密!
  • 断熱性の向上と、それによる省エネ効果
  • 二重の窓構造と高い気密性から産まれる遮音・防音効果
  • 熱伝導率の低さがもたらすもう一つのメリット、結露防止
  • 既存アルミサッシからのすきま風対策

「二重の窓構造」=「高い気密性」
= 窓の遮音・防音 + 断熱効果
+ アルミサッシからのすきま風対策

内窓プラストの機能

気密性が高く防音効果や断熱効果もあがり「快適空間」+「エコ」

熱の出入りで、冷暖房効率を向上

内窓プラストとは、アルミサッシの内側にある額縁(木枠)に取り付ける、 もう一つの窓(二重窓、二重サッシ)の事です。二重窓にすると、防音・断熱・結露防止・節電省エネ効果の高い開口部になります。

内窓プラストは、今ある窓につけるだけ。
取り付ける前に採寸して、部材をカットするオーダーメイドだから、どんな窓でも、ゆがんだ窓枠でもしっかりフィット。

イージーオーダーの細やかな気配りと技術で、新築はもちろん、改修としても簡単に増設できます。

防音効果

内窓プラストの防音効果は、 「高気密性が生み出す、静けさ空間」です。

節電・省エネ

冷暖房効果を高めるには、外気温の流入と室温の流出を防ぐことがカギとなります。

結露防止

「内窓プラスト」を取り付けると、外気温の影響が室内の空気に及ぶことが抑えられ結露を低減します。

断熱効果

気密性の高さと熱伝導の抑制効果を併せることで熱効率を向上させ、冷暖房効率を高めます。

プラストのカラーバリエーション

アイボリーホワイトClassic Modern Style

反射色のアイボリーホワイトは、純白色より若干明るさを抑え、暖かみを持たせた「内窓プラスト」の定番カラーです。同系色のホワイトの壁紙と合わせることで、室内の照明や窓から取り込んだ光を反射し、室内を明るく広く演出します。

檜の木目調Japanese Traditional Style

和室や木質系の室内空間に合わせて設計した檜色はヒノキの色味を再現し、更に木目調の加工を加えています。クレセントなしの「内窓プラスト」の特徴に加え、和紙調ガラスを使用することで、木製建具同様の質感を感じることができます。

ヒーリングレーUrban Contemporary Style

引きしまったデザインのインテリアにマッチするよう、光を吸収する吸収色で開発さました。色味の濃いフローリングや木額縁、グレー系の壁紙など、様々なカラーのインテリアと合わせた際にも、主張しすぎず自然な色味での調和が楽しめます。

オプション各種

画像をクリックすると、それぞれの説明が表示されます

取付目的別によるガラス選択一覧
go top